ココデンは歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・受付・事務スタッフの求人サイトです。

  • ご利用ガイド
  • 採用後担当者様へ
  • 採用後担当者様へ
  • ご利用ガイド

求人先へのマナーチェック

ココデンは、求職者の方が安心して働けるお手伝いができればと願っています。「なかなか就職できない」、「面接でうまくいかない」などといった悩みは、問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

当社のスタッフが、的確にアドバイスさせていただきます。何かお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

メール編

以前の就職活動であれば、緊張しながら電話をかけたものですが、現在は相手の顔・声を聞かなくても良い連絡手段として電子メールを利用することが多くなってきています。とりわけ就業中の方は、なかなか時間が取れずに電話が出来ないといったケースもあります。電話で問い合わせが難しい場合はメールでの問い合わせになります。

検索で気になる医院を見つけたら、早速お問い合わせをしてみましょう。

メールでの問い合わせ一つで印象が大幅に異なってしまうケースもあります。採用選考で好印象を与えていくためにもメールのやり取りをする場合は慎重にする必要があります。

単なる問い合わせだからと適当なメールでよいというわけではなく、しっかりとしたメールを書いて送信することが必要です。

メールに書く内容
  • メールの件名を明記(求人に関しての問い合わせ等)
  • 相手先医院名
  • 院長名または採用担当者名(名前がわからない場合は、採用担当者様でも可)
  • 簡単な自己紹介と志望動機
  • 名前、住所(初回のお問い合わせは市町村までで可)、電話連絡先、メールアドレス

しかし、これらの内容は、ココデンに会員登録してプロフィール欄を埋めておけば、ほとんど漏れなくクリック操作だけで応募ができます。無料の会員登録をしてからココデンを活用していただくと便利です。

応募の際に注意すべき点
  • メールは勤め先などからではなく、自宅から送るようにしましょう。勤め先から送る場合、管理者に見られることもあります。
  • 相手に不快感を持たせない様に匿名は避けた方がいいでしょう。名前を名乗らないような人を、まともに相手にはしてくれません。あとから名乗っても、第一印象は悪くなっています。
  • 応募に対する返答が電話である場合に備えて、応対を考えておきましょう。
  • 電話での質問事項に給料や休日日数など待遇面ばかり訊くことは、できるだけ避けましょう。仕事よりも待遇重視を目的としての就業希望と思われると敬遠されることがあります。(面接時に、さりげなく訊きましょう)

電話編

通常は電話による問い合わせの場合は、院長または採用担当の方が応対します。ここで与える印象が面接結果にも影響することがありますので、慎重に応対することが大切です。

電話をかけるときは静かな場所で

自分から就業希望先に電話をかける場合は、自宅などの静かな場所を選んで電話を掛ける様にしましょう。辺りが騒がしい状態で電話をすれば、相手の声が聞き取りにくいばかりか、悪い印象を与えかねません。また、話の途中で電話が切れないように携帯電話などを使う場合は電波が良い場所で充電状態を確認してから電話をするように心がけましょう。

電話では面接日時等も聞く事になる訳ですから、メモの準備もしておきましょう。メモを取る際にあわてて準備をするようでは、準備の悪い人だと思われてしまいます。

第一印象は大切に

電話では、まず最初に“用件と自分の名前を名乗る”のが大事です。また、ココデンからと名乗るようにしましょう。求人の件というのが伝わります。

そして、最初に電話に出た方に「ココデンを見て、求人の件でお電話させて頂いた○○と申しますが、担当の方(院長先生等)をお願いいたします」と伝えて電話に出てもらいます。電話に出たのが採用担当者ではないからといって、いい加減な応対をするとマイナスイメージになります。採用担当者は、電話で応対したスタッフに「どのような人物だったか(電話の感じがどうだったか)」を確認することがありますので、好印象を与えておいて損はありません。

担当の方に代わったら改めて「ココデンを見て、●●(職種)の求人の件でお電話させて頂いた○○と申しますが、今お時間はよろしかったでしょうか?」と相手を気遣いながら用件と名前を名乗るようにしましょう。

歯科の場合は職種がいくつかありますし、自分が見ている職種以外の複数職種の募集をしているケースも少なくありません。自分の応募職種を名乗ることも大切です。ここでも与える印象はよいに越した事はありませんから気を付けるようにしましょう。

質問する内容はあらかじめ整理しておく

応募資格に関する事や業務内容についての質問は、その場で考える事のない様にあらかじめメモなどで整理してから電話をするようにしましょう。

担当者の方は業務に関しての質問があれば「やる気のある方」という印象を持ちます。反対に、休日や福利厚生についての質問ばかりで業務に関する質問がなければ「仕事をやる気はない」という印象を持たれてしまうこともあります。

また、採用担当者としても転職する本人の能力を判断しない事には待遇も決めかねる場合も多いので、給料に関する質問もこの段階では避けた方がいいでしょう。

そして、電話での質問は、なるべく手短に且つ簡潔に質問すれば、テキパキとした印象を与えることが出来ます。事前に電話応対などシュミレーションしてから電話するといいでしょう。


    パスワードを忘れた方

    求職者用 新規会員登録はこちらから
    登録無料 求人バックアップ

    Top